たるみを予防したい

美容整形・美容外科ならガーデンクリニック。こちらはたるみを予防したいのページです。 たるみを予防したいについての情報をお探しの方はこちらをご覧ください。

お悩みQ&A たるみを予防したい

Q&A

若返りならガーデンクリニックへ。当院へご来院頂く患者様から特に多く頂くお悩みにわかりやすく、詳しくお答えします。現在同じお悩みをお持ちの方は参考にして頂き、是非当院での施術をご検討ください。

たるみを予防したい

たるみの予防として美容外科では次のことをオススメしています。

●十分な保湿によるたるみの予防
たるみの予防として十分な保湿が重要です。人の肌は常に乾燥にさらされています。肌の乾燥があまりに強いと、生体防御として毛穴が開き、皮脂を大量に生産し肌を守ろうとします。常に皮膚に潤いを与えることにより毛穴が開くことを予防し、最終的にはたるみが出来ることを防ぐことになります。赤ちゃんの肌は羊水に10か月の期間入っているため、乾燥とは無縁の肌になります。保湿がたるみの予防になる典型的な例です。

●急激な体重変化によるたるみの予防
急激に太ることによりあごやフェイスラインがふっくらしてきます。ですから急激な体重の増加は避けるようにすることでたるみの予防になります。逆に急激に痩せると、まぶたや頬、目の下に凹みが出来てこれもたるみとなってしまいます。急激に痩せることを防ぐこともたるみの予防になります。

●紫外線対策によるたるみの予防
過度の紫外線はしみをつくるのみならず、皮膚の健康な細胞にダメージを与えて正常な角化の妨げになってしまいます。アンチエイジングという点からも極力紫外線対策をしていただくほうが、たるみの予防となります。野外での作業が多かったり、外出されることが多い方は特に紫外線対策を気をつける必要があります。

●毎日のスキンケアによるたるみの予防
毎日のスキンケアが重要だとほとんどの人がご存知だとは思います。しかし、仕事が忙しかったり、体調が悪い場合、やめてしまいがちです。このほんのちょっとしたスキンケアのお休みが長期間経過した後の差となってきます。毎日のスキンケアをしっかりとすることによりたるみの予防が可能です。

●レーザー治療によるたるみの予防
顔全体に熱をメインとするレーザーを照射することで、しみの予防とたるみの予防を行うことが出来ます。一つ注意することはレーザー照射は一時的に皮膚の角質が少なくなるため、普段以上に保湿をしていだく必要があります。1か月に1回の間隔でレーザー照射を繰り返すことにより毛穴の引締めが持続したるみの予防となります。

●アンチエイジング点滴によるたるみの予防
サプリメントでヒアルロン酸やコラーゲン、ビタミンCを摂取されることもたるみの予防に効果はありますが、アンチエイジング点滴はより効果が出ます。肌のメラニンを分解し、抗酸化作用も強いビタミンCを点滴することによりたるみに効果を発揮します。(酸化作用とは体の組織の老化を意味します。肌や血管は酸化することにより老化していきます。

  • モニター募集
  • 圧倒的な症例数

ガーデンクリニック 若返り治療の「よくある質問」

FAQ

池袋院 池袋駅東口から徒歩5分


〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-26-6 島倉ビル 4F
池袋院へ >>

新宿院 各線「新宿駅」南より徒歩5分


〒160-0022
東京都新宿区新宿3-33-10 新宿モリエールビル5F
新宿院へ >>

品川院 各線「品川駅」高輪口より徒歩5分


〒108-0074
東京都港区高輪 4-24-58 サマセット品川 東京 2F
品川院へ >>

横浜院 横浜駅から徒歩7分」


〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸 2-10-40 横浜TYビル 3F
横浜院へ >>

名古屋院 地下鉄名城線「矢場町駅」より徒歩4分


〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄 3-27-18 ブラザー栄ビル 6F
名古屋院へ >>

大阪院 大阪駅中央口から徒歩3分


〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田 1-11-4 大阪駅前第四ビル 6F
大阪院へ >>

福岡院 地下鉄天神駅から徒歩3分


〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名 1-15-35 247ビル 5F
福岡院へ >>

一人まず、お気軽にご相談ください。
電話受付時間 9:00 - 22:00