診療項目一覧Service List
  • 麻酔の安全性
  • 選ばれる理由
  • アフターケアシステム
豊胸手術とは
正しく知っておく豊胸手術の内容と効果
豊胸手術のダウンタイムと術後
脂肪注入による豊胸
乳房(乳頭・乳輪)手術
産後・授乳後に垂れた胸のバストアップについて
豊胸トラブル関連情報
豊胸手術後のお悩み相談

正しく知っておく豊胸手術の内容と効果

About Breast Merit

豊胸手術後のレントゲン撮影

豊胸手術を行うと、その後のレントゲン撮影で写ってしまうのではないか?と心配される方が多いようです。豊胸をしたと他人に知られたくないという場合、こうした疑問や不安はつきものですよね。
結論から申し上げると、豊胸手術をしてもレントゲン撮影はできます。しかし、できるかできないかよりも、医師にばれるかばれないかを気にしている方が多いのが実情でしょう。
豊胸術にはレントゲンに写るものと写らないものがあるので、その違いや理由をご説明します。

なお、豊胸後の乳がん検診の方法などに関連する情報は「豊胸後の乳がん検診における注意点」のページをご覧ください。

豊胸後の乳がん検診における注意点

レントゲン撮影の仕組み

レントゲン撮影の仕組み

そもそもレントゲン撮影とは、放射線の一種であるX線の透過性を利用し、身体の内部構造を観察する検査のことをいいます。 X線が透過した箇所(皮膚や脂肪、内蔵や筋肉組織など)が灰色〜黒く、透過しない箇所(骨や固い組織など)が白く写り、皆様がご存知のレントゲン写真になるという仕組みです。
手に刺さった釘や誤飲された玩具など、異物が真っ白く写ったレントゲン写真をご覧になったことがある方も多いでしょう。基本的に異物はX線で透過できないため白く写ります。
なお、X線CTやマンモグラフィー(乳房X線検査)をはじめとしたX線を用いる検査方法全般、海外の空港で行う全身ボディスキャナなども原理は同様です。

豊胸バッグはレントゲンで写る?ばれる?

シリコンバッグは体内組織ではないため、レントゲンに写ります。弾力のあるシリコンですので、固い異物ほどはっきりとは写らないものの、半透明の白い影のような形で胸元に写ります。
また、撮影前の時点で豊胸がわかる可能性もあります。豊胸バッグは脂肪のように広がらず、板に胸を押し当てる工程でぴったりと胸が付かないため、レントゲン技師によっては気がつく方もいるかもしれません。

レントゲンに写りにくいバッグの効果

近年ではレントゲンに写りにくい成分のバッグも開発されていますが、これは残念ながら「完全に写らなくなる」というわけではありません。 内容物を水に近い成分にしても、外側のシリコン被膜が薄く写ってしまうことは多いのが現状です。日々僅かな腫瘍を見抜いている医師ならば視認できてしまいます。

脂肪注入やヒアルロン酸はレントゲンに写る?ばれる?

元々身体の一部である脂肪を用いている脂肪注入豊胸は「レントゲンで写らない豊胸」になります。ヒアルロン酸注射のプチ豊胸も同様です。

脂肪注入やヒアルロン酸はレントゲンに写る?ばれる?

しかし、しこりや石灰化が発生している場合、影のようにレントゲンに写り込んでしまう事例があります。特に石灰化は、血液中に含まれるカルシウム成分が沈着した塊なので、固い性質上どうしても見えやすくなるのです。
かつてはこうしたしこりが腫瘍などと誤診される可能性もありましたが、近年は検査の精度も上がっているため、誤診も少なくなっています。

石灰化リスクを低減させる脂肪注入

品質のよいヒアルロン酸や不純物を取り除いた脂肪などを注入すれば、しこりの発生や脂肪の石灰化のリスクを低減させることが可能です。
当院の脂肪注入では少量ずつ丁寧に脂肪を注入しておりますので、こうした脂肪の量によるトラブルを低減させています。コンデンスリッチ豊胸やピュアグラフト豊胸などの、不純物を取り除き純粋な脂肪細胞を注入する豊胸術ですと、より石灰化しにくくなります。

豊胸手術後の石灰化

豊胸していても検査を受けていい!

豊胸していても検査を受けていい

医療従事者には守秘義務(診察時に知り得るプライバシーを守り、口外しない義務)があります。仮にレントゲン写真から豊胸手術をしたとわかっても、それを世間に漏らされるということは考えにくいと言っていいでしょう。
事前に担当医やレントゲン技師に「インプラントが入っています」「脂肪注入を行っています」などと一言伝えておく方が、診察がスムーズに進められ余計な時間もかからず、不自然な雰囲気になりません。 むしろ、そこで豊胸手術由来のしこりに早く気付くことができれば、美しいバストを長く保つことにも繋がります。
万が一の誤診や二次検査などを防ぐため、レントゲン検査の前にはしっかりと自己申告することをおすすめいたします。

不調や違和感に気がついても「豊胸を隠したいから」と、病院から足が遠のく方も少なくないそうですが、近年では豊胸をする方も増えているため、物珍しい反応をされることは滅多になくなっています。
しかし、まれに美容整形に否定的な医師が居る可能性もゼロとは言い切れないため、嫌な思いをすることのないよう、豊胸していても受診できるかどうかを事前に確認しておくと良いでしょう。

ご自身のコンプレックスを解消できる豊胸手術、その経験を恥じる必要はありません。お身体を最優先し、生まれ変わった素敵なバストと良い関係を築いていけるとよいですね。

豊胸後の乳がん検診における注意点

豊胸手術のアフターケア

ガーデンクリニックの豊胸術

池袋院 池袋駅東口から徒歩5分


〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-26-6 島倉ビル 4F
池袋院へ >>

新宿院 各線「新宿駅」南より徒歩5分


〒160-0022
東京都新宿区新宿3-33-10 新宿モリエールビル5F
新宿院へ >>

品川院 各線「品川駅」高輪口より徒歩5分


〒108-0074
東京都港区高輪 4-24-58 サマセット品川 東京 2F
品川院へ >>

横浜院 横浜駅から徒歩7分」


〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸 2-10-40 横浜TYビル 3F
横浜院へ >>

名古屋院 地下鉄名城線「矢場町駅」より徒歩4分


〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄 3-27-18 ブラザー栄ビル 6F
名古屋院へ >>

大阪院 大阪駅中央口から徒歩3分


〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田 1-11-4 大阪駅前第四ビル 6F
大阪院へ >>

福岡院 地下鉄天神駅から徒歩3分


〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名 1-15-35 247ビル 5F
福岡院へ >>

一人まず、お気軽にご相談ください。
電話受付時間 9:00 - 22:00