ほうれい線、顔のたるみ予防方法

美容整形・美容外科ならガーデンクリニック。こちらはほうれい線、顔のたるみ予防方法のページです。 ほうれい線、顔のたるみ予防方法についての情報をお探しの方はこちらをご覧ください。

  • 麻酔の安全性
  • 選ばれる理由
  • アフターケアシステム
若返りとは
顔の部位別 施術法
若返り治療 施術法

ほうれい線、顔のたるみ予防方法

About Nasolabial Fold

効果的な
ほうれい線、顔のたるみ予防法

ほうれい線が深くなってしまう最大の原因は、
肌のハリや弾力が低下してしまうことです。
ハリのない肌は、頬の皮下脂肪の重さに耐え切れず、
重力に負けて垂れ下がってしまうのです。
頬が垂れ下がるとブルドッグのようになってしまい、
ほうれい線もますます深くなってしまいます。
頬の脂肪が多いほど、老廃物はたまっていき、
むくんでブルドッグのようになりやすいので、
ご自身でどのように対策ができるのか解説します。
軽度のほうれい線であればセルフケアだけでも
十分な効果が得られるかもしれません。

頬が垂れ下がるとほうれい線がますます深くなります

ほうれい線・顔のたるみの
予防マッサージ・トレーニング

ほうれい線・顔のたるみの予防マッサージ

例えば顔のリンパマッサージを行うことで
むくみを軽減することができます。
顔全体から首にむかって老廃物を流すように
マッサージを行うと、
頬だけでなく顔全体がすっきりとします。
特殊なものを用意することもなく、
クレンジングオイルなどを顔全体にのばして
指を使ってあげることでご自宅でも簡単に行うことが
出来ます。


また表情筋を鍛えることも効果的です。
鏡の前で大きく口を動かして笑顔を作ってみてください。
1日3分程度これを行うだけで頬の筋肉のトレーニングになるので、
たるみを予防することができます。

最も大切なのはUVケア

最後にもっとも大切なのはUVケアです。
肌の老化の一番の原因は紫外線なのです。
紫外線を浴びると日焼けやシミを作るだけでなく、
肌の弾力成分であるコラーゲンなどを破壊してしまいます。


最も大切なのはUVケア

紫外線は夏でなくても常に地球上に降り注いでいます。
そして冬はさらに肌も乾燥しやすく、
気付かないうちに
肌がダメージを受けてしまっているのです。


UVケアの化粧品などをしっかり使い、
少しでも紫外線によるダメージを軽減してあげることが
最も大切なほうれい線や顔のたるみの予防法とも言えます。


ご自身でのセルフケアでも解消できない
ほうれい線に対しては、
当院でいくつかの方法を用意していますので、
お気軽に無料カウンセリングにいらしてくださいね。

  • モニター募集
  • 圧倒的な症例数

ガーデンクリニック 若返り治療の「よくある質問」

FAQ

よくある質問はこちら

ガーデンクリニック 若返り治療のお悩みQ&A

Q&A

お悩みQ Aはこちら

池袋院 池袋駅東口から徒歩5分


〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-26-6 島倉ビル 4F
池袋院へ >>

新宿院 各線「新宿駅」南より徒歩5分


〒160-0022
東京都新宿区新宿3-33-10 新宿モリエールビル5F
新宿院へ >>

品川院 各線「品川駅」高輪口より徒歩5分


〒108-0074
東京都港区高輪 4-24-58 サマセット品川 東京 2F
品川院へ >>

横浜院 横浜駅から徒歩7分」


〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸 2-10-40 横浜TYビル 3F
横浜院へ >>

名古屋院 地下鉄名城線「矢場町駅」より徒歩4分


〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄 3-27-18 ブラザー栄ビル 6F
名古屋院へ >>

大阪院 大阪駅中央口から徒歩3分


〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田 1-11-4 大阪駅前第四ビル 6F
大阪院へ >>

福岡院 地下鉄天神駅から徒歩3分


〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名 1-15-35 247ビル 5F
福岡院へ >>

一人まず、お気軽にご相談ください。
電話受付時間 9:00 - 22:00