顔のたるみ、ほうれい線のリフトアップ

  • 麻酔の安全性
  • 選ばれる理由
  • アフターケアシステム
若返りとは
顔の部位別 施術法
若返り治療 施術法

顔のたるみ、ほうれい線のリフトアップ

About Nasolabial Fold

オートファイバー、ヒアルロン酸注入でのほうれい線治療は
「減ってしまった脂肪や繊維を補充する治療」ですが、
こちらのページでは、ほうれい線治療のもう一本の柱、
すなわち「皮膚のたるみを解消する治療」について説明します。

たるんだ皮膚をリフトアップ!
3つのほうれい線解消法

たるんでしまった皮膚をハリのある肌にするには
どうすればいいでしょうか。
近年ではレーザー治療も進歩しているので、
細かなシワはレーザーでも治療可能です。
しかしながらほうれい線などの大きく深いシワについては
レーザー治療だけでは不十分です。

たるんだ皮膚をしっかり引き上げるためには「ヴィーナスリフト」「ミニリフト」「フェイスリフト」などの方法が適しています。

たるんだ皮膚をしっかり引き上げるためには
「ヴィーナスリフト」「ミニリフト」「フェイスリフト」などの方法が適しています。

切らないリフトアップでほうれい線を解消

「ヴィーナスリフト」は、
切らずに皮膚のたるみを取り除くことができる方法です。
特殊な糸をこめかみから側頭部の皮下に埋め込み、
シワやたるみを引き上げることでほうれい線を目立たなくすることができます。


ヴィーナスリフト」は、シワやたるみを引き上げることでほうれい線を目立たなくすることができます

この糸は体内に吸収される安全な素材でできており、
吸収される過程で糸の周囲にコラーゲンを生成しリフトした状態をキープします。
またダウンタイムが短いのも特徴で、内出血や腫れなども従来の方法と比べて非常に少ないです。
皮膚を切開しない方法である「ヴィーナスリフト」と「オートファイバー」を組み合わせることにより、
ほうれい線のほとんどは治療が可能です。

ヴィーナスリフトの仕組み

ミニリフトやフェイスリフトは切開を伴うリフトアップ方法です。

重度のたるみもキレイになります

「ミニリフト」や「フェイスリフト」は
切開を伴うリフトアップ方法です。
「ヴィーナスリフト」だけでは治療困難な、
重度の皮膚のたるみを治療することができます。

「ミニリフト」では耳の前方の目立たない部分、
「フェイスリフト」では耳のまわりからこめかみにかけて
切開し、皮膚を引き上げます。

ミニリフトを行った患者様の症例写真

SMAS(スマス)と呼ばれる皮膚の下にある筋膜も一緒に引き上げます。

この施術法では、長期間にわたって効果を出すために
SMAS(スマス)と呼ばれる皮膚の下にある筋膜も一緒に引き上げます。
皮下、筋膜下を剥離してから吊り上げるため、
新しく移動した位置で、皮膚が下の組織と癒着し、効果が持続します。

また皮膚を切開しますが、耳の周囲の非常に目立ちにくい部分の切開です。 もちろん、目立たなくする工夫をしておりますので、
ご安心ください。

  • モニター募集
  • 圧倒的な症例数

ガーデンクリニック 若返り治療の「よくある質問」

FAQ

よくある質問はこちら

ガーデンクリニック 若返り治療のお悩みQ&A

Q&A

お悩みQ Aはこちら

一人まず、お気軽にご相談ください。
電話受付時間 9:00 - 22:00