目の下のたるみ取りの解消例

  • 麻酔の安全性
  • 選ばれる理由
  • アフターケアシステム
若返りとは
顔の部位別 施術法
若返り治療 施術法

目の下のたるみ取り −解消例紹介−

Relief bags

こちらでは、目の下のたるみを取り、
美しく若々しい印象になられた方々の解消例をご紹介します。
目の下のたるみ取りを行った方、プレミアムオートファイバー法を行った方、
それぞれ症状も解消法も異なります。

目の下のたるみ取り - 解消例1

目の下のたるみ取り解消例1

下まぶたの構造 この方には、下まぶたのたるみ取りの手術をしました。
術前の状態を拝見すると、
皮膚、眼輪筋、眼窩隔膜が緩んでしまっているために、
眼窩脂肪が前方にでてきてしまい、
目の下のたるみになっているパターンであるとわかります。
瞼板も薄くなっているようですが、支える能力はあるようですので、
今回は、皮膚、眼輪筋、眼窩隔膜への施術で
十分にたるみが解消できると判断し、手術しています。

目の下のたるみ取り解消例1

手術は、まつげの生え際近くを切開します。
この部分の切開線はほとんど目立たず、整容的に大変優れた結果を出せます。
皮膚は、髪の毛よりも細い糸で縫合し、1週間程度で抜糸をします。


目の下のたるみ取り - 解消例2

目の下のたるみ取り解消例2

目の下のたるみ取り解消例2

この方には、プレミアムオートファイバーを施術しました。
主にゴルゴ線が目立っていますので、
ゴルゴ線を消すとともに、注入した脂肪で
下まぶたを持ち上げるようにして
たるみを解消しています。

皮膚や眼輪筋の弛緩が著明でない方に関しては、
下からふっくら脂肪で持ち上げてあげることによって、
下まぶたのたるみが解消できます。

プレミアムオートファイバー法は、目の下のたるみ取り目的に施術できる他、
ほうれい線や、マリオネット線(口角)にも使用できるので、お顔全体を元気で若々しくすることが可能です。
オールマイティーな治療法といえます。

プレミアムオートファイバー法による目の下のたるみ取り

オートファイバーページへ

どのような治療法が適しているのか、
たるみは人それぞれですので、
その人にあった方法を選択する必要があります。

当院では、経験豊富な医師が、しっかりと
診察、カウンセリングしますので
どうぞご安心して、相談にいらしてください。

  • モニター募集
  • 圧倒的な症例数

ガーデンクリニック 若返り治療の「よくある質問」

FAQ

よくある質問はこちら

ガーデンクリニック 若返り治療のお悩みQ&A

Q&A

お悩みQ Aはこちら

一人まず、お気軽にご相談ください。
電話受付時間 9:00 - 22:00