二重あご、フェイスラインのたるみの原因とは

  • 麻酔の安全性
  • 選ばれる理由
  • アフターケアシステム
若返りとは
顔の部位別 施術法
若返り治療 施術法

二重あご、フェイスラインのたるみの原因

About Jpwl Fat Pad

二重あご、フェイスラインの
たるみの原因とは

二重あご、フェイスラインのたるみの原因は、
体重の急激な変化がもっとも多くなります。


二重あごの原因

もともと、生まれつきあごの下に脂肪が付きやすいかたも稀にいます。
肥満でなくても二重あごを気にされているかたはいます。
このようなかたはチークリポサクションという
頬とあごの脂肪の吸引を行うことで簡単に解決できます。

また、二重あごは過度の肥満が原因と考えられるかたもいます。
チークリポサクションも効果的ですが、
皮下脂肪のとれる量が多くなるとあわせて
皮膚のたるみも目立つようになってしまうため、
リフトアップ系の手術も組み合わせる必要がある場合があります。

二重あごは過度の肥満が原因と考えられるかたもいます

フェイスラインのたるみの原因

バッカルファット

フェイスラインのたるみの原因は
加齢による表情筋の筋力の低下、頬の脂肪量の減少、
リンパのむくみなどが考えられます。


表情筋の低下を補うため、
マッサージやトレーニングが紹介されていますが、
美容外科では、SMASという筋膜から引き上げる
フェイスリフトが一般的です。
併せてたるみである皮膚を取り除くため、
フェイスラインはとてもシャープになります。


もう一つ、フェイスラインのたるみの原因で
重要な要素は頬の皮下脂肪の量の減少です。
40代ごろより頬の皮下脂肪の減少が始まります。
頬全体に均一に量が減るのではなくポイントごとに減っていきます。
例えば、目の下の眼窩脂肪の周囲から
バッカルファットにかけての部分が減ると
ゴルゴ線(ミッドチークライン)やほうれい線が目立つことになります。
口角周囲の脂肪が減少するとマリオネットラインが
目立つようになります。


このようにポイントで脂肪が減少していくと
最終的にフェイスラインのたるみも目立つようになってしまいます。


フェイスラインのたるみに対しての直接的なアプローチはフェイスリフトですが、
脂肪の減少した場所にオートファイバー(脂肪注入)を行うことでリフトアップが可能です。
目の下やゴルゴ線、ほうれい線、口角は
オートファイバー(脂肪注入)の効果が出やすい場所であり、
間接的にフェイスラインのたるみも解消します。

  • モニター募集
  • 圧倒的な症例数

ガーデンクリニック 若返り治療の「よくある質問」

FAQ

よくある質問はこちら

ガーデンクリニック 若返り治療のお悩みQ&A

Q&A

お悩みQ Aはこちら

一人まず、お気軽にご相談ください。
電話受付時間 9:00 - 22:00