診療項目一覧Service List

お悩みQ&A しわ対策が知りたい

Q&A

若返りならガーデンクリニックへ。当院へご来院頂く患者様から特に多く頂くお悩みにわかりやすく、詳しくお答えします。現在同じお悩みをお持ちの方は参考にして頂き、是非当院での施術をご検討ください。

しわ対策が知りたい

しわは加齢とともに必ずできてしまいます。加齢を予防出来ればよいのですが、残念ながら加齢は予防できません

●しわの対策のための紫外線対策
加齢以外のしわが出来る原因として他に紫外線があります。紫外線を浴びると皮膚の奥にある「真皮層」まで傷つけてしまう事になります。この真皮層には、肌の弾力を保つために欠かせないコラーゲン繊維があります。紫外線を浴びることでコラーゲンが破壊されてしまいます。肌の弾力やハリを保つためには、コラーゲンの他にもエラスチンという弾性繊維も必要になります。紫外線が真皮層に届くことで、コラーゲンもエラスチンも減少させてしまう事になります。弾力を失ったお肌は、部分的に繰り返しへこんでしまうと元に戻らずにしわになってしまいます。しわ対策には、紫外線を浴びないようにすることです。日焼け止めなどでUVカットを徹底することがしわの対策になります。

●しわの対策のためのスキンケア
日々のスキンケアもしわ対策に大切です。保湿力の高い化粧水やパックなどで皮膚の乾燥を防ぎます。乾燥肌は皮膚が硬くなりしわが刻まれやすいので保湿がしわ対策に大切です。

●注射によるしわ対策
注射によるしわ取りは、最もダウンタイムが少なく気軽に受けていただける施術となります。極細の針を使用するため痛みも最小限に抑えることができるしわの対策です。

●ヒアルロン酸注射によるしわ対策
ヒアルロン酸注射によるしわ対策はプチ整形としても人気のしわ対策になります。皮膚の成分であるヒアルロン酸はアレルギーの心配もなくどなたでも安心してご利用できます。ヒアルロン酸によるしわ対策は、すでにできているしわの溝にそって注射することによりしわを盛り上げてめだたなくします。

●ボトックス注射によるしわ対策
ボトックス注射によるしわ対策はプチ整形としても人気のしわ対策になります。ボツリヌス菌の有効成分のみを抽出した注射で、筋肉の動きを弱めしわができにくくなりますボトックス注射を気になるしわの周囲に注入することにより徐々にしわが出来なくなっていきます。ボトックス注射は一部の疾患には保険適用されていますが、美容目的の使用は保険は使えません。

●PRP注射によるしわ対策
PRP注射は自分の血液中に含まれる血小板をしわ対策に使用する方法です。血液検査と同じくらいの量の採血を行い、特殊な処理をほどこし、しわ対策用のPRP注射を精製します。PRP注射によるしわ対策はちりめん皺に特に効果的です。

●オートファイバーによるしわの対策
オートファイバーによるしわ対策は長期に効果が出るしわの対策法です。オートファイバーは脂肪吸引を行い脂肪を採取します。採取する脂肪の量はわずかなので脂肪吸引部の痛みは全く心配ありません。オートファイバーは注入した脂肪の50%は生着するため、しわ取り効果が長期にわたった持続します。ヒアルロン酸注射によるしわ取りは、注射の量が増えるにつれて費用もかかってしまいます。オートファイバーによるしわ対策は注入量を多くしても費用がかわらないためコストパフォーマンスに優れるしわ対策です。

●金の糸美容術によるしわ対策
金の糸美容術は顔全体に金の糸を挿入ししわ対策を行います。金は化学反応をおこしにくいため、体内でさびたり溶けたりする心配がありません。金の糸挿入部周囲1cmは免疫反応や新陳代謝がよくなるため、皮膚のターンオーバーを促進します。このため、肌にハリが生まれ徐々にしわが出来にくくなります。

●レーザーによるしわ対策
レーザーによるしわ対策は、レーザーの熱による皮膚と毛穴の引締め効果が得られます。

●フォトフェイシャル(IPL治療)によるしわ対策
フォトフェイシャル(IPL治療)によるしわ対策は、費用的に最も手軽に行えるしわ対策です。フォトフェイシャル(IPL治療)によるしわ取りは約15分で、顔全体にレーザー照射を行います。フォトフェイシャル(IPL治療)によるしわ取りは直後からメイクもできダウンタイムは全くありません。フォトフェイシャル(IPL治療)によるしわ対策は、しわ対策だけでなく、しみ、たるみ、にきびおよびニキビ跡にも効果があります。フォトフェイシャル(IPL治療)によるしわ取りは1回でも効果は感じられますが、1か月に1回の間隔で継続して行うことでより効果が得られます。

  • モニター募集
  • 圧倒的な症例数

ガーデンクリニック 若返り治療の「よくある質問」

FAQ

よくある質問はこちら

  • 無料カウンセリングはこちら
  • 無料メール相談はこちら