診療項目一覧Service List

お悩みQ&A たるみを防止したい

Q&A

若返りならガーデンクリニックへ。当院へご来院頂く患者様から特に多く頂くお悩みにわかりやすく、詳しくお答えします。現在同じお悩みをお持ちの方は参考にして頂き、是非当院での施術をご検討ください。

たるみを防止したい

たるみを防止するためには日々のケアが重要です。

【たるみを防ぐ日々の対策とは・・・?】

●紫外線の防止
紫外線の防止は美白のためだけでなく、たるみの防止にとっても必要です。紫外線は280nmから400nmの光の波長です。280nmから315nmの波長がUVBで表皮に作用しメラノサイトを刺激しメラニンを多く作ります。このためしみやくすみの原因となります。315nmから400nmの波長がUVAで真皮に作用します。真皮内でUVAは繊維芽細胞を破壊するため、コラーゲンやヒアルロン酸などが失われたるみの原因となってしまいます。たるみ防止のためには特にUVA対策が必要です。

●肌の保湿
エアコンの部屋で長時間過ごすと肌は乾燥してしまいます。肌が乾燥を繰り返すと水分の喪失を防ぐ角質層がダメージを受けてしまいます。保湿をきちんと行うことにより角質層を守り、肌を守ることが出来ます。

●サプリメントで必要な栄養の補給によるたるみ防止
現在多くのサプリメントが販売されており、サプリメントでたるみの防止になる栄養を補給することも有効です。たるみの防止になるサプリメントは、ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸、コラーゲン、グルコサミン、ビタミンCなどがオススメです。

●水分の十分な補給
「不感蒸泄」という医学用語があります。肌と呼吸する息の中に含まれ蒸発している水分の量のことです。体重により差はありますが、1日800㏄から900㏄は水分が肌と呼吸から失われています。1日平均2000㏄の水分補給が必要です。汗をかいたり、発熱した場合は更に多くの水分が必要になります。慢性的に水分が足りない状態が続くと肌から水分が少なくなり、ハリやつやが失われることになってしまいます。適切な量の水分補給をこころがけましょう

●急激な体重減少の防止
たるみは急激な体重減少によっても生じます。ダイエットは時間をかけて皮膚のたるみがでないようにゆっくり行う必要があります

【たるみの防止 クリニックでのケア】

●フォトフェイシャル(IPL治療)でのたるみ防止
フォトフェイシャル(IPL治療)は優しい光を肌に照射することにより肌のたるみを防止します。フォトフェイシャル(IPL治療)は肌のメラニン、ヘモグロビンをターゲットに熱を照射するため、しみやくすみ、ニキビ跡の赤み、ニキビに効果があります。フォトフェイシャル(IPL治療)は1ヵ月に1回の間隔で繰り返すことで毛穴を引き締め、顔のたるみの防止にもなります

●ヒアルロン酸注射によるたるみ防止
顔のたるみは皮下脂肪の減少により生じます。減少したボリュームをヒアルロン酸注射で補うことで簡単にたるみを防止することが出来ます。ヒアルロン酸注射によるたるみ防止は頬、ほうれい線、法令線、目の下のくま、インディアンライン、マリオネットラインに特に有効です。

●オートファイバーによるたるみ防止
オートファイバーは自分の脂肪をフィラー(注入物)として使用する方法です。自分の組織であるために、アレルギーの心配が全くありません。また、オートファイバーは多くの量を注入することが出来るため、いろいろな場所に注入することが出来ます。オートファイバーは50%は生着するため、コストパフォーマンスも非常によいたるみ防止です。

●切らない若返りヴィーナスリフト(フェザーリフト)によるたるみ防止
ヴィーナスリフトは切らずにたるみを防止する若返りです。ヴィーナスリフトはこめかみから頭皮の中で特殊な糸を挿入し、頬のたるみを引き上げます。ヴィーナスリフトは約1年で溶ける糸を使用するため、異物が体に残ることもありません。ヴィーナスリフトはたるみの防止をしたいけど、切る手術は怖いと思われている方に最適の方法です

●たるみ取り手術によるたるみ防止
手術によるたるみの防止は大変効果的です。手術によるたるみの防止は、フェイスリフト、ミニリフト、まぶたのたるみ取り、目の下のたるみ取りがあります。手術によるたるみの防止の最大のメリットは、劇的に変化する効果と、持続期間の長さです。手術後のダウンタイムや傷跡が気になるところですが、時間の経過とともに気にならなくなります。

  • モニター募集
  • 圧倒的な症例数

ガーデンクリニック 若返り治療の「よくある質問」

FAQ

よくある質問はこちら

  • 無料カウンセリングはこちら
  • 無料メール相談はこちら