診療項目一覧Service List

お悩みQ&A 目の下・目袋のたるみが気になる

Q&A

若返りならガーデンクリニックへ。当院へご来院頂く患者様から特に多く頂くお悩みにわかりやすく、詳しくお答えします。現在同じお悩みをお持ちの方は参考にして頂き、是非当院での施術をご検討ください。

目の下・目袋のたるみが気になる

目の下のたるみはその程度によって原因が異なります。軽度な目の下のたるみの場合は主に目の下の皮膚の乾燥や紫外線による光老化が考えられます。
中等度~重度な目の下のたるみの場合、加齢に伴った顔の表情筋の劣化や眼球の周囲を取り囲んでいる脂肪組織の一部が、目の下方に突出してきて部分的な膨らみを作ってしまう事で起こる凹とつが原因となっています。目の下のくまは皮膚に色素沈着を伴い目の下にある毛細血管が皮膚を透過して見えているといった色の変化を伴った状態です。目の下のくまは色の変化だけでなく、脂肪の突出による影が原因でも生じます。

【目の下のたるみの治療法】
●注射による目の下のたるみ治療
注射による目の下のたるみ治療は簡単でよく行われる方法です。目の下のたるみの状態や、効果の持続により次の治療がよく行われます。

●ヒアルロン酸注射による目の下のたるみ治療
ヒアルロン酸は、顔のしわ、もしくはプチ整形に使用される注射です。ヒアルロン酸注射は多くの海外メーカーで多くの種類が販売されており、種類によって効果や持続時間が異なります。
持続期間の長いヒアルロン酸注射は約2年かけて吸収されます。逆に持続期間の短いヒアルロン酸注射は約6か月で吸収されます。持続期間の長いヒアルロン酸注射は粒子が大きいため、凹凸がわかりやすくなります。逆に持続期間の短いヒアルロン酸は粒子が小さいため、より早く皮膚になじみます。
目の下にヒアルロン酸注射を行う場合、粒子の細かいヒアルロン酸を選択することをオススメします。目の下は皮膚から骨までの厚みが薄いため、少量のヒアルロン酸でもすぐに膨らみます。目の下のたるみ部分はヒアルロン酸注射による凹凸がわかりやすいため、粒子の細かいヒアルロン酸を使用することが一般的です。

●オートファイバー(脂肪注入)による目の下のたるみ治療オートファイバーは脂肪吸引のテクニックを使用し、自分の脂肪を目の下のたるみに注射する方法です。オートファイバーはヒアルロン酸注射と異なり、50%は生着します。生着した脂肪は半永久的に持続することになります。また、ヒアルロン酸注射が1本あたり費用がかかるのに対して、オートファイバーは注入する量が多くても同じ費用で出来ます。目の下のたるみのみならず、法令線、口元まで併せてオートファイバーを行うことにより、劇的な若返り効果が期待できます。

●PRPによる目の下のたるみ治療
PRPは自分の血液を利用する最新の自己再生治療です。血液中に含まれる血小板を濃縮し、目の下に注射することで、多くの成長因子が作られ、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成が増加します。PRPは特に細かいちりめん皺にむいている注射です。

●レーザーによる目の下のたるみ治療
フォトフェイシャル(IPL治療)によるレーザー治療も目の下のたるみに効果的です。フォトフェイシャル(IPL治療)は特殊な波長の光を顔全体に照射します。この光が皮膚のメラニン、ヘモグロビンに反応ししみ、くすみを取り除くだけでなく、皮膚のコラーゲン再生を促し目の下のたるみをリフトアップします。

●手術による目の下のたるみ治療
手術による目の下のたるみ取りは、最も効果的な治療法です。目の下のまつ毛に沿って余分な皮膚のたるみを取り除き、膨らみの原因である脂肪も併せて取り除きます。
傷が最も心配ですが、目の下のまつ毛のそばは目立つことがありません。また、長期にわたってたるみ取りの効果が出ますので目の下のたるみ取り手術後のケアも必要ありません。

  • モニター募集
  • 圧倒的な症例数

ガーデンクリニック 若返り治療の「よくある質問」

FAQ

よくある質問はこちら

  • 無料カウンセリングはこちら
  • 無料メール相談はこちら