診療項目一覧Service List

よくある質問 脂肪吸引のダウンタイム中に気をつけることは何ですか?

FAQ

脂肪吸引ならガーデンクリニックへ。当院へ寄せられるよくある質問にQ&A方式でわかりやすく回答した内容を掲載しています。

脂肪吸引のダウンタイム中に気をつけることは何ですか?

「Q1.脂肪吸引のダウンタイム~痛みはどのくらい続きますか?」

ダウンタイムとは、脂肪吸引の施術を行ったあと、回復して手術を行う前の生活に戻る時間のことをいいます。脂肪吸引の施術後は、腫れや内出血、筋肉痛のような痛みが発生します。
当院の脂肪吸引ではCET(高周波治療)など、痛みを緩和しダウンタイムを短くするためのアフターケアに重点を置いています。
また、術式もシリンジ法という体に負担が少ない方法でダウンタイムに感じる苦痛もほかの術式と比べると軽いものと言えるでしょう。
ダウンタイムの長さは人それぞれですが、当院では脂肪吸引後30分程度でお帰りいただくことができます。事務程度でしたら翌日でもお仕事に行って構いません。
ダウンタイムは、脂肪吸引した部位や量によっても差がありますので、脂肪吸引手術の前後に医師にしっかり相談してください。

「Q2.脂肪吸引のダウンタイム~術後の圧迫」

脂肪吸引の術後当日は包帯で圧迫します。翌日からはストッキングやサポーターなどで手術部位を圧迫固定します。圧迫をしないと腫れや痛みが強く出ることがあり、ダウンタイムが長くなってしまいます。
脂肪吸引後のダウンタイムを予定通りの期間で終わらせるためには、抜糸や定期健診の時期などをきちんと守るようにしましょう。

「Q3.脂肪吸引~ダウンタイム~短くする方法はありますか?」

ガーデンクリニックの脂肪吸引は術後のダウンタイムを短くする方法としてCET(高周波治療)やエンダモロジーでのマッサージをご用意しています。
アフターケアに重点を置き、早い回復ができるのが当院の脂肪吸引の特徴なのです。
できるだけ早く日常生活に戻りたい、ダウンタイムが短い脂肪吸引を希望する人には最適な方法です。

  • モニター募集
  • 圧倒的な症例数

ガーデンクリニックの脂肪吸引 お悩みQ&A

Q&A

お悩みQ Aはこちら

  • 無料カウンセリングはこちら
  • 無料メール相談はこちら