診療項目一覧Service List

名古屋ガーデンクリニック院長のご紹介

Director's Message

深堀先生にインタビュー

どうして美容外科医になったのですか?

元々、美容医療には興味がありました。
というのも、自分自身がずっと一重まぶたに悩んでいて、学生の頃、二重まぶたの施術・埋没法を受けたことで、コンプレックスを解消することができたという経験があるからです。

以来、人と積極的に話すようにもなったし、
自分に自信が持てるようにもなりました。
これをきっかけに、
美容外科は人を幸せな気持ちにすることが
できる素晴らしい仕事であると実感。
外見にコンプレックスを持っている人を
笑顔にできればと思い、
美容外科医になることを決意しました。

深堀先生のブログ

やりがいを感じる時は?

やりがいを感じる時は、自分の担当した方が、他の施術のことでも相談に来てくれたり、
その友人が施術を受けたいと来院してくれる時です。
美容医療は患者さんが満足してくれることが一番大切なこと。

結果に満足してくれたからこそ、信頼してまた訪れてくれたり、
友人を紹介してくれたりするわけなので、リピートや紹介は本当に嬉しいですね。
より皆様に満足していただけるよう、日々、技術を磨き、
先輩方の優れたアイデアや工夫なども取り入れながら、
進化していくように努めています。

特異な手術は何ですか?

美容外科全般の手術は行いますが、中でも得意とするのは目の形成手術です。
二重の施術に関しては、かなりの症例数と経験があります。

手術をする際に、圧倒的にこだわっていることはダウンタイムを減らすこと。
簡単なプチ整形でも、担当する医師によってはかなり腫れてしまうこともあるのですが、
針の太さや糸の種類、針を刺す回数や麻酔の量を少しでも少なくするなど、
できることは全て行い、術後できるだけ腫れないよう工夫することに努めています。

先生の趣味や特技を教えてください。

趣味は体を動かすことでウェイクボード、フットサル、ダーツ、最近はゴルフも始めました。

また、週に2回はジムで体も鍛えています。美容外科医として自分は美を発信する立場の人間なので、
若々しく、引き締まった体でいることを常に心がけています。
他には、チワプーを飼っているので、犬と一緒に散歩をすることも楽しみのひとつです。

美容について悩んでいる人たちにメッセ―ジを

美容外科はどちらかと言えばエステやサロンのように
自分をキレイにしてくれる場所です。
目を大きくしたい、鼻を高くしたいといった希望を叶えるために、
最大の技術を安全に提供することが私たち美容外科医の仕事だと思っています。

そのために、事前のカウンセリングには長い時間をかけ、ひとりひとりの悩みや、
どんな風になりたいかといったことを聞くなど、
しっかりとコミュニケーションをとることを大切にしています。
医者は話しかけにくい、先生と生徒みたいで緊張する、といったイメージを持つ人も多いと思いますが、
私の場合には、そんなことは全く感じさせないと思います。
気さくに友達と話すような感覚で、気軽に相談に来てくれればと思います。

  • モニター募集
  • 圧倒的な症例数

ガーデンクリニックの「よくある質問」

FAQ

よくある質問はこちら

ガーデンクリニックのお悩みQ&A

Q&A

お悩みQ Aはこちら

  • 無料カウンセリングはこちら
  • 無料メール相談はこちら