診療項目一覧Service List

池袋ガーデンクリニック院長のご紹介

Director's Message

丸山直樹先生にインタビュー

どうして美容外科医になったのですか?

ガーデンクリニックに入る前は、
大学病院にて形成外科をメインに
時々、美容外科の手術も行っていました。

もともと美容外科には興味があったので、
大学病院に勤務する傍ら、
非常勤という形で大庭先生のところへ
手術を学ばせて頂きに来ていました。

次第に美容を極めたいという気持ちが強くなり、
美容外科医としてここで働くことになりました。

大学病院勤務中は、
「こうしたらもっと患者さんのためにいい」
「こうすればもっとキレイに仕上がる」といった、
アイディアが豊富にありながらも、
保険診療の枠ではどうしても足かせがあり、
限界を感じていました。

丸山直樹先生のブログ

もちろん、保険診療は大事ですが、
形成外科や美容外科の分野においては、
自分は医者としての部分とアーティストの部分があるため
それらを融合させた治療、自分が理想とする医療を目指すとなると、
保険診療内ではおさまりきらない。

こういった理想の元になっているのは、
歯科医だった祖父や父の影響も大きいのですが、
彼らも同じように保険診療だけでは限界があることを分かっていて、
休みの日だけ自分たちで車を改造して、移動式訪問治療を行っていたんです。

高い治療をするのであれば患者さんときちんと話をして納得できたら行う。
当たり前のことだけど、こういった祖父や父の仕事への姿勢が
自分のなかの基盤になっていて、美容外科はこの思想に近いものがあると思っています。

自分が工夫してやったことは治療に反映される反面、
きちんとしなければダメな結果を出す。
白黒がはっきりしているだけに非常にやりがいを感じます。

美容外科医にとってのやりがいは?

患者さんの悩みを真剣に考えて
一緒に解決していくことは自分にとって喜びです。

美容外科の手術は、
いかにその人の生活を邪魔しない治療を行うかが重要であり、
一般的にダウンタイムが長いと言われる手術も、
術者の工夫次第で短くすることも可能であるし、
それは私たち美容外科医が努力すべきことだと感じでいます。

また、美容外科手術を受けて人生の再スタートを行う方も多いと思いますが、
そういった人生の岐路に関わることができるという点もやりがいを感じます。

得意な手術は何でしょうか?

大学病院では指をつないだり、手をつなげたり、骨自体を動かすなど、
激しい手術ばかりをやっていたので、組織を大きく動かす手術は得意ですね。

とらえどころのないものを頭の中で想像して形に持っていく手術。
例えば、顔面の骨を扱ったり、
皮膚を切って別の場所へ移植する刺青の手術、乳房や乳頭の形成のほか、
これまで自分のライフワークとしてやってきた
まぶたや目の周りの手術は生まれたての赤ちゃんからおじいさん、おばあさんまで
かなりの数をこなしていますので自信があります。

二重の埋没法、切開法、眼瞼下垂などは得意中の得意です。
最近では、レーザーやプチ整形などの施術も増えていますが、
どうしても骨格からなおさなければ無理な状況や、
手術じゃないと解決できないような本格的な手術を極めていきたいし、
その分野のスペシャリストでありたいと思っています。

先生の趣味や特技を教えてください。

休みの日は家事と子供の世話が最も重要事項です。
趣味は声楽で、オペラやカンツオーネを習っています。

美容について悩んでいる人たちにメッセージを。

誰でも「このシワがなくなったらなぁ」「もう少しだけ痩せたいなぁ」など
外見の悩みを感じるのは当たり前のこと。

コンプレックスを解消できれば人生も変わりますから、
前向きに生きていく手段の一つと考え、気軽な気持ちで来院ください。

また、目標を持って生きることが若さと元気を保つ秘訣だと思うので、
必要であればカウンセリング時には人生相談にものらせていただきますよ。

池袋ガーデンクリニック医師の原稿が学術誌に掲載されました

ガーデンクリニック統括院長の丸山直樹が寄稿した研究原稿が
学会向け専門誌「形成外科」vol.59に掲載されました。

わきが治療(ビューホット)の効果や、長所短所、今後の改善点など
実情を細かに綴っています。
同誌は、日本の形成外科の2大誌のひとつであり、
形成外科や美容外科の先生方の治療指針にもなる専門誌です。

  • モニター募集
  • 圧倒的な症例数

ガーデンクリニックの「よくある質問」

FAQ

よくある質問はこちら

ガーデンクリニックのお悩みQ&A

Q&A

お悩みQ Aはこちら

  • 無料カウンセリングはこちら
  • 無料メール相談はこちら